質問※よくお読みいただき、1つ選んでしてください。

1.有効求人倍率1.62とはどのような状況?
① 求職者数100に対し、求人数が162という状況

② 求人数100に対し、求職者数が162という状況

③ 求人数100に対し、求職者数が1.62という状況
2.景気が悪くなった時に、起こりやすい事とは?
① 求人の応募総数が減る

② 新人研修に多額の費用が掛かる

③ 人材採用がしやすくなる
3.少子高齢化がもたらす影響とは?
① 定年を引き下げる会社が増える

② 新卒採用しない会社が増える

③ 外国人採用する会社が増える
4.(19年卒者)大学生がインターンシップに最も多く参加した時期は?
① 大学3年生の夏休み

② 大学3年生の冬休み

③ 大学3年生の春休み
5.上記「インターンシップ」に、最も近い意味は?
① 仕事研究

② 職場見学

③ 就業体験
6.(20年卒者)経団連「採用選考に関する指針」による「選考活動の開始時期」とは?
① 大学3年生・3月1日以降

② 大学4年生・6月1日以降

③ 大学4年生・10月1日以降
7.「経験」の表現方法に関して、採用効果がより期待できそうなのは?
① 1つの求人票内に「未経験・経験同時募集」と記し、幅広い層に向けてアピール

② 求人票には、経験に関する表現を一切せず、求職者のハードルを下げる

③ 「未経験者」と「経験者」の求人票を2つに分けて各々表現
8.「給与」の表現方法に関して、より求職者目線なのは?
① トップ成績の社員に出している「月給35万円」のみ表記し、可能性をアピール

② ホームページ内の求人欄には「面接時にお伝えします」とだけ記し金額を明示しない

③ ありのまま「月給20万円以上」と表記
9.「定着率の高い」社員採用するため、より効果的なのは?
① 求職者に会社説明する時は、会社の強みをしっかりと表現する

② 求職者に会社説明する時は、会社の弱みもしっかりと表現する

③ 求職者からの質問が無ければ、会社の強みも弱みも極力説明しない
10.求人募集する「背景・理由」について、より適しているのは?
① 募集背景は求職者にとって関係無い事。求人広告に表現すべきでない

② 募集背景を求人広告に書いてもいいが、目立たない程度の表現にするのがマナー

③ 募集背景は求人広告効果にプラスとなる可能性あり。表現を工夫すべき
11.アルバイト募集の求人媒体に関する説明で、より適しているものは?
① インターネット求人媒体が、全職種において最も良い効果を出している

② フリーペーパー求人媒体が、全職種において最も良い効果を出している

③ 全職種|こおいて最も良い効果を出している求人媒体など無い
12.ハローワークでアルバイト募集することに関して、より適しているのは?
① そもそもハローワークでアルバイト募集の求人票を出すことなど出来ない

② ハローワークでアルバイト募集出しても効果はないので、出すだけ無駄

③ 表現の工夫次第。ハローワークでもアルバイト募集の効果を出す会社はある
13.アルバイト求人誌に掲載する「写真」に関して、より効果的なものは?
① 有名でないからこそ社名を覚えてもらうため、「会社ロゴマーク」のみ使用

② 仲の良さを表現するため、10人が整列している「正門前の集合写真」のみ使用

③ 働く姿をイメージしていただくため、「現場の1人写真」のみ使用
14.(18年現在)無期転換ルール適用は、有期労働契約が更新されて通算何年を超えた時?
① 3年

② 4年

③ 5年
15.合同会社説明会のブース装飾で、より効果的なものは?
① まずは社名を覚えてもらうのが大事。「会社ロゴマーク」を一番大きく掲示

② 自社のブースに気づかせるため、「音楽と電飾」で他より目立たせる

③ 事業内容を知つていただくため、「特長」を短い言葉で大きく表現
16.合同会社説明会にて、ほとんどの会場で禁止されている行動とは?
① 会場入口にて会社バンフレットを手配り

② ブースの前を通りかかった求職者へ声掛け

③ ブースにて説明した求職者へ今後の選考の流れを伝える
17.適性検査の選び方について、より適しているものは?
① 自社に合う適性検査を選ぶなら、金額と内容が比例するので「より高い費用」のもの

② 自社に合う適性検査を選ぶなら、「自社の求人像が判定項目に入っている」もの

③ 自社に合う適性検査を選ぶなら、「有名企業が多数活用している」もの
18.面接質問「志望動機」の返答を聞き、面接官の判断としてより妥当なのは?
① 業界への思いを誰よりも熱く語っていたので、この人ならすぐ辞めることはないと判断した

② 同業他社比した上でなぜうちの会社なのかを語っていたので、理解が深いと判断した

③ 履歴書に書いている内容と一字―句間違わず語っていたので、信用できると判断した
19.面接質問「自己PR」の返答を聞き、面接官の対応としてより妥当なのは?
① 海外営業経験のPRだったが、現在国内営業のみの自社にとって「無意味」と判断した

② 頑張った経験を学生は語っていたが、内容が「幼稚だな」と判断しすぐ次の質問へ移した

③ PRしてくれた強みを「今後どう活かしたい」と思っているのか追加質問した
20.景気良好の際、面接後の「内定通知」を出すタイミングとして、より適しているのは?
① 即戦力の方だったから、他社に逃げられないよう「数日以内に通知する」と伝えた

② 即戦力の方だったが、あえて少し遅らせた「10日~15日以内に通知する」と伝えた

③ 即戦力の方だったが、もっと良い応募があるかもと考え「1か月以内に通知する」と伝えた
採点する

判定:特A・・・正解数 20/20

講師レベル
採用活動の知識・スキルを周囲の方々へ広める立場を目指すのも1つですね。
「20質問の詳細解説」および「人材採用・育成のお悩み相談」ご希望の場合 →詳細

判定:A・・・正解数 /20

上級レベル
採用チームの中心的存在になれそうですね。引き続き学びを深めましょう。
「20質問の詳細解説」および「人材採用・育成のお悩み相談」ご希望の場合 →詳細

判定:B・・・正解数 /20

中級レベル
採用活動の知識・スキルはまずまず。しかし粗もありそうです。油断大敵!
「20質問の詳細解説」および「人材採用・育成のお悩み相談」ご希望の場合 →詳細

判定:C・・・正解数 /20

初級レベル
今の知誹スキルでは採用活動に苦しむかも。日々研鑽が必要かと思われます。
「20質問の詳細解説」および「人材採用・育成のお悩み相談」ご希望の場合 →詳細

判定:D・・・正解数 /20

新人レベル
採用活動の基礎知識・スキルを1から学ぶ必要があります。努力しましょう。
「20質問の詳細解説」および「人材採用・育成のお悩み相談」ご希望の場合 →詳細